在籍していた会社への不満

新卒で入った前職では人間関係などでも気負っていたところがありました。
転職後はビジネス的な距離感というのも感覚的にわかっていたのでそういった面でのストレスは少なかったように思います。
そのぶん業務に集中することができますし、付き合いなどのわずらわしさも少なくなりました。
また、就職することが第一目標だった新卒採用の時とは違い、転職時は待遇や福利厚生にも目を向ける余裕があったように思います。
前職での不満点や自分の優先順位がどこにあるのかなどが明確になっているので入社後に思っていたものと大幅に違う、などということはありませんでした。
業種や職種を変えてもそれまでやってきた仕事でのスキルは業務、対人関係に必ず良い影響があるのではないでしょうか。
確かに前職でやってきた経験を生かして同じ業種や職種を選ぶ方が相手も自分も安心感があるとは思いますが別の業種や職種にも目を向けてみることで自分のポジションや視野も広がるのでは、と思います。

仕事がしやすい職場環境がいい

ただ、これまでのやり方とは違うことや非効率的だと感じるようなやり方を要求されることが多々あると思いますがそこはあまりこだわりを持たず、柔軟に対応して、慣れた頃に改善の提案などでやりやすい方法へシフトさせていくというような事も必要だと思います。

エクセルシフト表取込機能付き就業管理
Excelのシフト表で勤務実績を一覧できる・就業管理システム
biz-work.jp/

«
»