フレックスタイムがあるのが良いです

私の会社ではフレックスタイムがあります。
朝の7時から10時までが出勤時間、10時から15時がコアタイム(必ず勤務していなければいけない時間)、15時以降が退勤可能時間になっています。
出勤時間、退勤時間が自由なので、夕方に用事がある場合は出勤時間を早くし、16時頃に退勤するといったことができます。
また暇な時期はコアタイムのみ勤務といったことができます。
会社にはお子さんがいる女性も多く働いていて、お子さんの学校行事やPTA活動がある時など、フレックスタイムを有効に活用しておられます。
私は、特に用事は無いけど、明るい時間に会社を出られる日が作れることが嬉しいです。
そんな日は本屋さんに寄ったり、カフェに寄ってのんびりお茶をしてから帰ります。
昨今では男性でも育児休暇や時短勤務が認められると話題になったことがあります。
でも、まだまだ家事や育児、そして介護は女性がするものという考え方が根強いと感じています。
育児休暇の取得や時短勤務は圧倒的に女性が多いです。

通勤の時間帯が楽なことは嬉しい

時短勤務は育児や介護等の事情により認められるものです。
良い制度だとは思いますが、もっと他に充実させることがあるのではないかと思います。
育児や介護をしなければいけないが、思いっきり働きたい人はどうすれば良いのでしょう。
消費を促すためのプレミアムフライデーは、目新しくて話題になりましたが、実際、この制度を導入できた企業はどれくらいだったのか疑問です。
月の最後の金曜日…月末の〆処理で忙しくなる時期に可能なのでしょうか。

理想の運用を実現する就業管理
多彩な打刻スタイルと多用な認証は事業所のスタイルに合わせて。
biz-work.jp/

«
»