地味な主人にブランドのネクタイ

どうしてその色を選んだのか覚えていないのであるが、私が初めて主人にプレゼントしたネクタイは、黄色と言うよりもゴールドに近いはっきりとした色のブランド品だった。
地元で信頼の厚いデパートで、店員さんと相談しながらあれこれ迷い、最期に選んだネクタイである。
私の父もネクタイに縁の無い職業だったし、私には全くと言って良い程知識がなかったので、本当困ったことを覚えている。
でも、その時選んだネクタイは、今でもクローゼットの中に大切に保管されている。
もう15年も前に買ったものなのに。
そして出番も少なくはない。
主人が私の家に「娘さんを下さい」的なことを言いに来てくれた時も、そのネクタイをしていた。
地味で目立たないタイプの男性なのだが、やけにネクタイだけが目立っていたことを覚えている。
もちろん、その時の挨拶は大成功で、今の仲睦まじい夫婦がここにいる(笑)
それからというもの、ここぞと言う時には、そのゴールドのネクタイをして出かけて行く。
結果も、今のところまずまずのようである。
確か2万円くらいしたネクタイだったと思う。
当時の私にとって、それは決して安くはないものだったのだが、良い物をプレゼントできて良かったなと思っている。
主人には、いつも堂々としていて欲しいと思う。
それだけのことをしてきていると私は知っているからだ。
陰ひなた関係なく、人知れず気づかれることもなく人の為に色んなことをしている。
それでも、努力を認めてもらうことを期待してはいない。
だからせめて、私と子供はその頑張りを認めて褒めてあげたいと思っているのだ。

インストール型勤怠管理システム
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/

«
»